ニュース

弊社施工物件を点検してきました。

皆さん、こんにちは!
営業 加藤です。

先日、弊社で施工した物件の定期点検を行ってきました。

弊社では施工後の定期点検として奇数年ごとに点検をさせて頂いています。
点検後は、現在の建物状態をご報告する資料も、オーナー様にお送りしています。

先日点検した物件は、1年目と3年目の建物でした。
どちらもアパートで、築30年程度経過していた建物を改修しています。

3年目になるアパートは、施工前に階段上裏の塗膜剥がれや錆などが気になっていました。
階段歩行面に溜まった雨水等が、内部に染みこみ、階段・廊下の上裏の塗膜膨れや剥がれを起こす
原因になっていました。
改修工事では、階段の機能保持と上裏の塗装を持たせることを期待して、超速硬化型スプレー防水を施しました。

スプレー防水については下記の記事でも取り上げています!
スプレー防水記事①
スプレー防水記事②

①の記事、2枚目の写真が今回3年点検で伺った建物の施工前です。
3年後が下の写真になります^^
IMG_20200416_091343

まだ3年目ではありますが、上裏の状態は施工当初とほぼ変わりなく、水が回っている様子もありませんでした。久しぶりに来てみて綺麗な状態だったので、私もうれしく思いました。

1年目のアパートは、まだ工事してからそこまで時間が経過していないので、こちらも施工後から変わりなく、状態も良好でした!

ちなみに点検方法としては、建物全体を目視や触診等出来る範囲での点検ではありますが、自分の目で見て状態の確認をしています。

**********************************************

工事が完了した建物は、施工会社の中で《工事》としては終わっていますが、
そこには住んでいる方々もいて、管理されている会社、大家さんがいます。

その建物に関わっている方々に、工事後も安心して頂けるように、また、工事というご縁を持たせていただいた建物が、経年しても美観を保ち、機能の維持と価値を残せているか、施工を請け負った私たち自身が見続けていくことが大切だと思っています。

施工した建物がちゃんと良い状態で機能していることが、私たちにとっての通信簿です。

そして、毎回定期点検をして思うことが、《次施工させて頂く建物に生かしたい》ということです。
私は営業ですので、実際に施工はしませんが、わたしが点検で見てきたものを携わってくださった職人さん達に伝えていきたいと思っています。

《ここがすごく綺麗に残っていた!》とか《次はこんな納め方のほうが良いかも》等気づきもたくさんあり、
次の建物ももっと良い施工が出来るようにという気持ちでいます。

新型コロナウイルスの影響で、連日様々な報道がされています。
思うように動けないことも、我慢を強いられることもありますが、
今はただ粛々と、出来ることに目を向け、未来へ希望を持っていたいと思います。

わたしも弊社従業員も、リフォームアップが皆さんに品質の良い工事をお届けできるように、
今は出来ることをやらせて頂きたいと思います^^

▲このページの一番上へ移動

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社の対応について

皆さん、お久しぶりです。
年末から更新が滞っており、今年に入ってから初めての投稿となってしまいました・・・

今年はTOKYO2020の開催年でしたが、
昨年末から流行していた新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来年7月への延期が決まりましたね。

コロナの感染拡大は、様々な経済活動に影響を及ぼしていて、
自分たちの身の回りでも感じるようになってきました。

建設業界で言えば、予定していた工事が延期となることや現場がストップすることもあるようです。

他人事ではなく感じることがたくさんあります。

弊社としましては、通常営業と施工を行わせていただいていますが、
基本的なことでは御座いますが、マスクの着用や手指消毒などを徹底し、工事を進めています。

外部工事ですので、例えばマンションなどのご入居者様等に直接お会いする機会は少ないですが、
出来る限りの対策と対処をさせて頂き、皆様にご心配をお掛けしないように努めてまいります。

緊急事態宣言や外出自粛要請も出ており、
この一か月はいろいろな意味でも我慢を強いられることが多々ありますが、
必ずこのコロナが収束すると強い気持ちで、日々粛々と過ごしていきます。。

今年初めての更新となりましたが・・・
これからも楽しく・皆様の為になるような話題をお届けしたいと思っています!

体調に気を付けて、
皆様、どうぞご自愛ください。

▲このページの一番上へ移動

年末年始の営業日【お知らせ】

今年の営業日は、本日28日までとなり、
新年は1月6日より営業開始でございます。

令和1年12月29日~令和2年1月5日まで、年末年始でお休みとさせて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさま、お久しぶりです。
営業 加藤です。

今年もあっという間の一年で、更新も滞ってしまいましたが、
リフォームアップ従業員一同、元気に仕事をしておりました!(笑)

今年もたくさんの方々とお仕事をさせて頂き、また、ご依頼を頂戴することが出来ました。
これもひとえに、皆様のおかげでございます。
2019年、1年間ありがとうございました。

来年はいよいよ東京オリンピックイヤーです!
どんな年になるか、今からワクワクしています。

今日よりも明日、去年よりも来年、より一層成長しているリフォームアップとなっていますよう、
皆様のお役に立てる様、精進してまいります。

わたくし加藤の2019年を一言で表すと【進】でした。
本当に駆け抜けた・・と言っていいような一年でしたが、たくさん吸収させて頂けたと思っています。

私自身、仕事と育児と家事の両立問題を抱えながらですが、
弊社に働くお母さんが入ってきても、働きやすいように整備していきたいなぁと考えています。

来年もよりパワーアップして、元気に頑張りたいと思います。

それでは、皆様本年もありがとうございました。
来年も、何卒よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎え下さい!

▲このページの一番上へ移動

鉄骨階段の錆にお困りではありませんか?(2)

前回の記事の続きです!
鉄骨階段の錆にお困りではありませんか?

鉄骨階段に防水を施すと、錆の発生要因である≪水≫の浸入を防ぐことが出来るため、
しっかり防水を行えば、塗装の寿命は延命できます。

もちろん、鉄部塗装には塗り替えの時期(目安は5年周期)がありますので、
劣化が出てくる前に定期的な塗り替えを行っていただいたほうが良いです。
錆が進行しているものを放置すると、やがて鉄部に穴があき、塗り替えでは済まないケースもあります。

ただ、階段となると、普段から使用する頻度が高い場所になりますよね。
工事中しばらくは使えない・・なんてことが出来ない箇所だったりします。
そのような場所でも、お住まいの方・ご利用の方に負担をかけない防水方法として、
≪超速硬化型スプレー防水≫というものがあります。

IMG_0010

IMG_0007

写真のように、防水材を施工面に吹き付ける工法となっています。
この工法のメリットが、防水材が乾くまでに数秒という点です!
通常の防水は、塗布してから乾くまでに一日掛かり、何回か塗り重ねて防水性能を高めていくので、施工日数がかかっていました。

でも、このスプレー防水は、施工がわずか半日もかからずに終わることが大きなメリットです。
※上記は施工規模にもよります。また、吹き付ける期間が半日となりますので、下地処理や滑り止め金物等作業は別途となります。

大幅に工事期間の短縮が出来るため、アパートやマンションなどの共同住宅にはとてもおすすめです。

デメリットとしては、この商材自体が<高伸張・高耐久>なため、かなりハイグレードな材料であるが故に、金額は通常よりは割高になります。
ただ、防水をせずに数年おきに塗り替えを行うことと比較すれば、長期的に見ればコストパフォーマンスのよい工法とご提案しております!

また、施工後の仕上がりもとても綺麗なので、お施主様にはとても好評をいただいております。

DSCN7578施工前【廊下】

IMG_0023施工後【廊下】

IMG_0719施工前【階段】

IMG_0026施工後【階段】

鉄骨階段でお困りのこと、またスプレー防水にご興味がありましたら、ぜひお声掛け下さい!
建物に合った、様々なご提案をさせて頂ければと思います^^

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!
以上、加藤がお届けしました!

▲このページの一番上へ移動

鉄骨階段の錆にお困りではありませんか?

お久しぶりです!営業 加藤です。
タイトルが突然の投げかけ文となっていますが、
弊社は≪鉄骨階段の錆≫に困っていらっしゃるというご依頼をいただくことがよくあります。

今までも過去に、マンションやアパート、個人宅等の鉄骨階段の塗装剥がれや上裏の塗膜めくれなどのお困りことに対応してきましたが、
最近でも何件か施工と、お見積りでアパートを数棟見させていただいていたので、
このブログで弊社の施工方法を少しご紹介したいと思っています。

みなさん、鉄鋼階段の錆ってどんなものかイメージはわきますでしょうか?

こんなかんじです!
DSCN9863

DSCN1127

目にしたことがあるのではないでしょうか?

鉄骨階段自体、防水が施されているわけではないので、
階段や廊下など歩行面が雨などで水を受け、じわじわと内部に浸透し、
やがて階段・廊下の裏側まで水が回ってくることが原因と考えられます。

歩行面などが水を受けるとじわじわ浸透~が続くため、塗装の塗り替えでは、同じような現象が起こる可能性が大です。。
そうなると、塗り替えては錆、を繰り返しますよね。
『せっかくお金を出して塗り替えたのに、錆びてみっともない!』なんて状態は、コストパフォーマンスも最悪です・・・

弊社では新たに錆を発生させないよう鉄骨階段に防水を施すことをおすすめしています!
その内容は、次の記事でご紹介いたします^^

▲このページの一番上へ移動

ものづくり匠の技の祭典2019が開催されています!

1564105035316

今日もとても暑いですね!夏本番な一日になりそうです。

学生さんたちはすでに夏休みですが、そんな夏休みにぴったりのイベントが
昨日25日から3日間に渡り、東京・五反田で開催されています!!

≪ものづくり匠の技の祭典~2019~≫
キャプチャ

令和に入って初めての祭典です。
1564105032838

弊社佐々木も、本日は東京都塗膜防水技能検定協議会のスタッフで参加しています。

キャプチャ4

去年も大盛況だったウレタン防水で作るストラップ作りが、今回も体験プログラムになっています!

≪↓去年の様子↓≫
IMG_20180810_131627_1

ものづくり匠の技の祭典2018の記事はこちら!

昨年もたくさんの方々にお立ち寄りいただき、大盛況でした!
3日間通しでストラップつくりに参加してくれたお子さんもいらっしゃったようで、子供たちにも大人気だったようです!

本日の様子はというと・・・・
1564105037653準備中

1564105041811たくさんの方にお越しいただいています!

本日の体験数もあと残り100個までのようで、お越しいただける方はぜひお早めにいらっしゃってください!
夏休みの自由工作にもぴったり!ウレタン防水のこともぜひ知っていただけたらと思います。

会場内、住5のコーナーで行っています!
キャプチャ3

ウレタン防水ストラップ作り 詳細↓
キャプチャ2

この祭典では、ものづくりの匠と呼ばれる方々が一堂に集結し、日本の伝統工芸や建築技術、日本食の技など、
ものづくりの現場が集まったようなイベントになっています。
『日本のものづくりってすごいな!』と感じて頂ける祭典になっていると思います!
わたしも以前参加しましたが、とっても楽しかったです!
素晴らしい技術を後世にしっかりと残していきたいと強く思わせてくれたイベントでした。

皆さんのお越しをお待ちしています!
暑い中のご移動ですので、熱中症には十分に気を付けてお越し下さい!
イベントは、明日が最終日となっています。

※加藤が以前作成したストラップ
DSCN3659
わたしもまた作りに行きたいです(笑)

加藤

▲このページの一番上へ移動

㈱リフォームアップは、14期目に入りました!

皆さん、お久しぶりとなりました。
営業 加藤です。

更新がかなり久しぶりになりました・・
4月に更新したのが最後なので、3か月ぶりくらいです(汗)

更新がなかった数か月の間、有難いことに、様々なお仕事のご依頼をいただき、
バタバタとしておりました。

先月6月の決算月を終え、無事今月から新しい期となりました。
14期目に突入となります!

来期は15期という節目になりますので、気持ちよく15期を迎えられるようその前段階として、
今期もより一層皆様のご期待に添えるように、精一杯工事をさせて頂きます。

防水、塗装など建物の改修工事、リフォーム工事でお困りのことが御座いましたら、
ぜひお問い合わせください。

加藤

▲このページの一番上へ移動

新しい元号が決まりましたね!

お久しぶりです。加藤です。

ちょっと出遅れた感の強いタイトルで申し訳ありません・・・
新しい元号が決まりましたね!【令和】~れいわ~だそうで。

キレのある、シュッとしたスタイリッシュな元号だなぁと感じます。
私の中では、『栄和』とか『安栄』とか、勝手に予測していましたが、全然でした(笑)

さて、5月からは令和元年がやってきます!
(平成元年生まれとしては、なんだか寂しいような・・・)

今日のニュースでは、お札も一新されるとの情報も・・・まだ先のようですが、
渋沢栄一に津田梅子、北里柴三郎と(漢字はあってるかな?)、日本史に出てきた方々が勢ぞろいで、
なんだか懐かしい感じもしました。

日本の各方面の先駆者たちが、新しい紙幣の顔になっていくのが楽しみです。

歴史に名前の残る偉業を成し遂げることは並大抵の努力ではできないと思いますが、
私たちは目の前のお客様と向き合って、真摯に仕事を全うしていきたいと思います。

まずはそこから!ですね。

リフォームアップも防水施工会社として、皆様に名前を刻んでいただけるように、
頑張っていきたいです^^

今年は、工事中の安全対策についても色々と変わっていくようです。
フルハーネスはもちろんですが、足場を組まない工事でも、
屋上での作業など高所では仮設手すりも厳格化するようです。

最近、技能員の工事現場での墜落による死亡事故も増えていますので、
命を守るためにも、しっかりと対策をしていかなければいけないと感じます。

今後もしっかりと情報をキャッチ出来る様、アンテナを張っていきたいと思います!

ここでもお伝えできる情報を載せていこうと思います。

加藤

▲このページの一番上へ移動

平成最後の年~2月に入りました!~

皆さん、お久しぶりです。加藤です。

更新が滞っておりました・・
昨年アップしてから、あっという間に年が明け、もう2月を迎えました。
1時間が、1日が、1年が早いと感じる、今日この頃です。

さて、リフォームアップも年が明けてから様々な現場を施工して参りました!
区役所の2施設やアパート1棟、工場改修工事や協力業者様からご依頼頂いたものなど、施工をさせていただきました!

2月から始まる工事もありますので、さらに気を引き締めて参りたいと思います。

今年は平成最後の年で、あと3か月で元号が変わります。
私自身平成に生まれて、平成の終わりを見ることになり、寂しいような気持ちもありますが、
新たな時代が始まるのだと、わくわくする気持ちもあります。

今年1年はどんな年になるのでしょうか?
去年よりもバージョンアップしたリフォームアップに出来る様、従業員一同精進致します!

私の今年の目標は、リフォームアップの防水工事を広めていくことです!
今年新たに出会うであろう方々に、品質の良い施工をお届けすること、
ぜひ弊社のファンになって頂けるように、頑張っていきます。

また、お付き合いさせていただいているお取引業者様やお得意様に、
変わらぬ品質と、弊社の成長をしっかりとお見せし、皆様に還元して参りたいです。

・・・と、意気込みを書かせていただきました(笑)

今年も楽しく仕事ができ、実りある一年に出来ますように、
皆様にとっても、素晴らしい一年になりますように、お祈りいたします。

インフルエンザが猛威を振るっております。
新薬にも耐性ウイルスが発見され、ますます怖い感染症になっていると感じます。

皆様も体調には十分に気を付けてお過ごしください。

最後になりますが、弊社は常時皆様からの工事の御見積ご依頼を受け付けております!
(平日は現場や営業先に出ている場合もございますので、メールでのお問い合わせも歓迎しております)
小規模から大規模まで、防水工事や塗装工事、リフォーム工事なども承りますので、お気軽にお問合せください。

加藤

▲このページの一番上へ移動

今年もあとわずかです。

みなさん、だいぶお久しぶりになってしまいました。
営業 加藤です。

あわただしい数か月を送っており、更新しそびれてしまいました。

色々と更新したいことはあったのですが、、、

先日、弊社事務所とは別に材料保管と研修施設を兼ねた倉庫で、
ウレタン塗膜防水の研修を行いました!

国家資格である1級防水技能士試験で、実際に使用する架台を使い、
1級技能士である職人から直々に指導してもらう場がようやく叶いました・・
現場が忙しかったり、他のことで動かなければならなかったりと、
活用できていなかったのですが、このような機会を持ててよかったです!

IMG_20181112_104559

IMG_20181112_110226

来年は、協力業者様と一緒に、職人の防水技術向上と品質への取り組みを行うべく、
こういった研修を定期的に行えるような仕組みを作っていこうと考えています。

みんなが等しく、良い防水技術をお客様にご提供できるようになるのが一番ですよね!
会社として、ウレタン塗膜防水の技術向上が図れるよう、努力して参ります!

また、今年はリフォーム工事で、ユニットバス交換や室内クロス交換を行わせていただきました。
リフォームのご依頼も少しずつですが、お声掛けいただけております。

1540640486347

IMG_20181024_111249

防水工事業者ではありますが、建物に関わるものとして、
防水工事業者の持つノウハウや考え方を生かしたり、
新たな取り組みで社内に新しい風を吹かせたり、
今やっていることとこれからやることを結んでいき、
皆様に還元できていければと考えています。

来年で平成が終わり、本当の意味で新しい年になります。

これからも階段を一歩づつ踏みしめながら、駆け上がっていけるように。
ご縁を持たせていただいている皆様に感謝しながら、リフォームアップ従業員一同、頑張ってまいります。

皆様とご縁を持たせていただき、本当にありがとうございます。

新たな一年も皆様にとって実りある素晴らしい年となりますよう、心より願っております。

加藤

▲このページの一番上へ移動