施工実績

外壁補修工事


  • 一部足場仮設

  • ひび割れ・欠損部等 外壁補修

  • 窓面台防水

  • 外壁塗装
工期 10日程度
規模 80㎡弱
地域 板橋区
コメント 室内が漏水していることから、外壁補修を行わせて頂きました。

▲このページの一番上へ移動

テラス防水改修


  • 施工前

  • 水溜りが酷い為、ウレタン防水材を3回程度重ね塗りをし、段差調整を行いました。

  • 施工中

  • 施工後
工期 1週間程度
規模 50㎡弱
地域 板橋区
コメント 雨漏りなどには繋がっていませんでしたが、防水層に劣化部や細かな傷が目立っていました。
また、水溜りが深い箇所があり、防水材を使って段差調整を行ったことで、以前よりは解消されました。

使用材料
・ウレタン塗膜防水材
コスミックPRO12ゼロ(平場・立上)
トップP(保護塗料)

▲このページの一番上へ移動

アパート改修工事(全景)


  • 施工前

  • 施工前

  • 施工後

  • 施工後
工期 約4か月
規模 アパート5棟
地域 東京都
コメント アパート5棟の改修工事を行わせて頂きました。

▲このページの一番上へ移動

アパート改修工事(ベランダ防水)


  • ベランダ洗浄後、防水施工前

  • FRP防水用、塗膜防水材塗布

  • 施工後

  • 施工後
工期 下地処理を含め、2日程度
規模 全棟ベランダ
地域 東京都
コメント ベランダは、FRP防水でした。
今回、FRP防水に施工できる防水材を選定し、施工を行いました。
大きな不具合がなかったので、軽微な補修+防水材を塗布しています。

FRP防水は、木造アパートや戸建てなどで一般的に施される工法です。
防水の強度や耐久性がありますが、メンテナンスは必要です。

今回は大きな劣化が見受けられなかったことと、賃貸物件でなかなかベランダに立ち入ることが出来ないので、トップコートの塗り替えでなく、防水材にて改修を行いました。

使用材:ウレアックスhg(オート化学工業)

▲このページの一番上へ移動

アパート改修工事(屋根工事)


  • 棟板金が飛んで無くなっている箇所がありました。

  • 既存棟木の撤去

  • 新規棟木取付

  • 棟板金交換、完了
工期 半日
地域 東京都
コメント 釘や強風による板金の浮きが目立っていました。
年々、台風の発生が増え、強風に晒されることも多くあり、棟板金や屋根材の交換依頼を頂くことが多いです。
屋根の劣化を放置してしまうと、室内への漏水に繋がる可能性がありますので、
気を付けなければならないポイントです。

▲このページの一番上へ移動

アパート改修工事(鉄骨階段・廊下防水工事)


  • 施工前

  • 既存防水層の膨れや破断箇所が目立ちます。

  • 施工中(既存防水層は残さず、全撤去しました。)

  • 高伸張・高耐久のスプレー防水を施工しました。
工期 撤去工事・下地補修・プライマー・本施工含め、3日程度
規模 30㎡未満
地域 東京都
コメント 鉄骨階段・廊下にはウレタン塗膜防水が施されていました。
防水層の劣化に伴い、内部に水が侵入、湿気なども溜まっていたことから、
新たに防水層を作ることをご提案しました。

既存防水層を残しまま施工が出来ないので、機械を入れて全面撤去をしています。

この工事を行うことで、錆の発生を抑え、
階段そのものの劣化進行を遅らせることが出来ると考えています。
(状態を見て、概ね5年を目安として定期的な鉄部塗装は必要です。)

使用材:コスミックRIM(ダイフレックス)

▲このページの一番上へ移動

某マンション 防水・シーリング工事


  • 屋上:通気緩衝工法 施工後

  • 化粧梁:密着工法 施工後

  • 打継目地 シーリング工事 施工前

  • 打継目地 シーリング打替え 施工後
工期 3週間程度
規模 屋上、4・3・2階ベランダ、庇、梁、側溝等防水、サッシュ・目地シール打替え
地域 東京都
コメント 防水・シーリング工事をお請けし、施工いたしました。
築年数はまだ数十年でしたので、定期メンテナンスとして修繕工事を行われました。

防水工事
屋上・室外機置場
使用材:アスミック(ダイフレックス)
ベランダ等
使用材:コスミックPRO12ゼロ(ダイフレックス)
シーリング工事
使用材:ハイフレックス(ダイフレックス)

▲このページの一番上へ移動

某マンション 漏水対応防水工事


  • 既存防水層に膨れや剥がれが発生していました。

  • 通気緩衝工法にて施工

  • 施工後

  • 施工後
工期 1週間程度(雨天含む)
規模 20㎡程度
地域 東京都
コメント 庇の漏水対応工事として、防水を施しました。
下地に湿気がかなり含まれていると想定したため、庇の下地を全面等間隔で穿孔し、湿気が逃げやすい状態を作ってから、通気緩衝工法にて防水を行いました。

既存:ウレタン塗膜防水密着工法→改修:通気緩衝工法
使用材:コスミックPRO12ゼロ、マットSB、トップP(ダイフレックス)

▲このページの一番上へ移動

某マンション 防水・長尺シート張り工事


  • 既存:断熱ブロック+側溝 ウレタン塗膜防水

  • 塩ビシート防水+ウレタン塗膜防水を施工

  • 塩ビシート防水とウレタン塗膜防水を重ね、湿気も逃げるよう通気口を作り、膨れ等の防止策を取りました。

  • 既存は防水のみでしたが、上から長尺シート張りを行いました。階段にはステップ用を張っています。
工期 1か月弱(下地・シール・防水)
規模 防水面130㎡弱、廊下階段30㎡程度
地域 千葉県
コメント マンション改修の下地・シール・防水をお請けし、施工させて頂きました。
断熱ブロックの移動が困難な屋上だったため、塩ビシート防水とウレタン塗膜防水を組み合わせた方法を取りました。内部に湿気が溜まる可能性もあるので、脱気筒だけでなく、通気口を作り、湿気を逃がす対策をしました。廊下と階段には、階段ステップと長尺シート張りを行いました。

防水工事
既存:断熱ブロック+ウレタン塗膜防水密着工法
改修:塩ビシート防水+ウレタン塗膜防水
使用材:シーカプランG(グレー)、コスミックPRO12ゼロ
長尺シート張り工事
使用材:タキステップ(3W、踊り場廊下用TW)

▲このページの一番上へ移動

某ビル 漏水対応工事(部分補修)


  • 漏水の原因と想定する箇所の部分補修

  • 漏水の原因と想定する箇所の部分補修

  • 不使用の架台は撤去、撤去部に補強布を入れ、部分的にウレタン塗膜防水を塗布

  • BOX廻りのシーリング打替えとウレタン塗膜防水材の塗布
工期 1週間程度(雨天含む)
規模 数か所
地域 東京都
コメント 室外機の架台は防水材で巻かれていましたが、架台と平場の接地面が切れていました。架台を撤去すると、水が滲み出ていたため、そのような部分から水が入り込んでいたと考えられます。不要な架台を数か所撤去し、補修を行いました。また、使用架台については、架台の周りをシーリング処理し、切れているところを塞ぎ、水が入らないよう処置しています。
漏水は、小さな傷や思わぬところから発生する可能性があります。

▲このページの一番上へ移動

1 / 512345