施工実績

某保育園 2階テラス防水工事

  • line_366508123653710
    既存防水層の様子。防水層が剥がれている箇所も多々ありました。
  • line_366526414273136
    床面の浮き部には樹脂注入を行い、ウレタン塗膜防水の密着工法を行いました。
  • line_366539150429769
    保護塗料を2回塗りし、完工しました。
  • line_366547777696254
    完工後
工期 2週間程度(付帯工事含む)
規模 40㎡弱
地域 東京都
コメント 2階テラスの上裏からの漏水があり、テラス床面の防水層劣化が激しかったことから、脆弱部を撤去し、ひび割れの補修や浮き部には樹脂注入を行い、ウレタン塗膜防水工事を行いました。

既存:ウレタン塗膜防水密着工法→改修:密着工法(全面補強布入り)
使用材:コスミックPRO12ゼロ(ダイフレックス)

▲このページの一番上へ移動

某店舗 シーリング工事

  • ①
    店舗1階のFIX窓から漏水が発生。1階窓周りのシーリングを打替えしました。
  • ⑤
    シーリングの劣化が激しく、切れやすいところはオーバーブリッジという方法で、太く打替えています。
  • 全体③
    打替え後
  • IMG_20191031_101842
    タイルのひび割れが目立ったため、新しく目地を作成し、シーリング材を充填しました。
工期 4日程度
規模 100m弱
地域 千葉県
コメント 大雨が降ったことで漏水が発生し、シーリング打替えを行わせて頂きました。
通常の雨では漏水は発生しませんが、巻き上げるような雨風が起きると漏水を起こしていました。
打替え後は、無事解消されたようです。

▲このページの一番上へ移動

某マンション 屋上防水工事(通気緩衝工法)

  • DSCN9720
    既存ゴムシート防水 撤去
  • DSCN9726
    下地―ひび割れ補修
  • line_358185398155705
    通気緩衝シート張り後、ウレタン塗膜防水材塗り付け
  • line_385359554675832
    施工後
工期 2週間程度(雨天含む)
規模 130㎡(立上・平場含む)
地域 東京都
コメント 既存防水層は、ゴムシート防水でした。新築時から初めての防水改修でしたので、防水層を撤去し、下地処理からしっかりと行わせて頂きました。撤去後は、下地のALC板にもひび割れが多数見られました。この機会にしっかりと下地補修をした上で防水層形成を行えたので、漏水への不安を解消できるかと思っています。

既存:ゴムシート防水→改修:通気緩衝工法
使用材:コスミックPRO12ゼロ、マットSB、トップP(ダイフレックス)

▲このページの一番上へ移動

保育園 屋上防水部分補修工事

  • DSCN8204
    防水層に破断している箇所があり、雨水の侵入が見受けられました。ウォーターベットのように浮いている箇所もあったため、脆弱部を部分的に撤去する方法をご提案しました。
  • IMG_1636
    撤去時の様子
  • IMG_1724
    撤去部と既存部の段差もあったため、レベル調整を行い、通気シートを敷設、膜厚は3mm仕様としました。また、全体的にトップコートを塗り替えました。
  • IMG_20190819_100105
    園児が屋上に出る機会もあるとのことでしたので、防水層に蓄熱されづらい塗料として、高日射反射塗料を選定しました。
工期 2週間程度
規模 100㎡未満
地域 板橋区
コメント 高日射反射塗料は太陽の光を反射することで、屋上への蓄熱を抑えてくれる材料です。
紫外線が防水層に影響する為、この塗料を選定することで、紫外線劣化の進行を妨げてくれます。

また、蓄熱しにくいため、園児が屋上で遊ぶ際も、床が高温にならないようにと選定しています。
塗料は通常グレー色がよく出ますが、天気が良いと眩しく感じるため、柔らかいブラウン色を選んでいただきました。

あまり使用しない色でしたが、柔らかく・優しい雰囲気の色合いが、施設にとてもマッチしているように感じます。

▲このページの一番上へ移動

児童館 屋上防水部分補修工事

  • DSCN9079
    屋上中央に排水溝があり、既存のウレタン防水の破断によって、水が内部に回っていました。全体的に撤去するほどの劣化状況でなかったので、脆弱部の補修を含めた工事となりました。
  • line_23748282126927
    既存が通気緩衝工法と呼ばれる防水マットを併用したウレタン塗膜防水であったので、浮いている部分を左右撤去し、新規でマットを貼り、防水層の形成を行いました。
  • 1559867837505
    新規防水層形成部分と合わせ、残りの面積は保護塗料の塗り直しを行っています。
  • 1559867833660
    保護塗料の塗布で全体的にきれいになり、脆弱部も撤去できたので、今後の漏水防止につながったかと思います。
工期 約2週間
規模 200㎡程度
地域 板橋区

▲このページの一番上へ移動

保育園 スロープ滑り止め・長尺シート貼り工事

  • IMG_20190206_160432
    タイル貼りのスロープで雨天時の転倒トラブルがあり、床が濡れていても滑りにくい方法を検討いたしました。
  • DSCN9245
    自転車置き場側のスロープには、歩道橋や空母飛行甲板にも使用されることのある滑り止め塗料を施工しました。表面はかなりザラついており、凹凸があります。
  • DSCN9463
    ベビールーム側のスロープには、子供が転んでも怪我をしにくいよう防滑性床ビニルシートを施工しました。
  • DSCN9459
    施工後の状態もよく、転倒事故も解消されたようです。安全性を考えた施工方法のご提案が出来た工事でした。
工期 約1週間(雨天時除く)
規模 スロープ2か所、階段
地域 板橋区
コメント 実際に転倒し、怪我をされた方とお話しすることができ、滑らなくなって安心したというお言葉をいただきました。
また、双方のスロープにある≪防滑≫という目的は一緒ですが、ベビールーム側はシートものにしたことにより、万が一子供が転倒した時に怪我をしづらいように施工方法を分けることが出来たことも、安心に繋がったように思います。

▲このページの一番上へ移動

アパート2棟 改修工事

  • IMG_20180224_161408
    工事着手前
  • IMG_20180224_161420
    工事着手前
  • IMG_20190226_132154
    工事完了
  • IMG_20190226_132254
    工事完了
工期 2棟合わせて、約2か月半
規模 1棟6世帯を2棟
地域 埼玉県
コメント 以前バルコニーの交換を行わせていただき、今回は2棟の改修工事をお任せいただきました。改修前はワントーンだった外観も、お施主様のセレクトでツートンとなり、イメージも変わってとても良い仕上がりになりました。また、外階段の状態が芳しくないことから、防水性を高め、耐久性を持たせるために、スプレー防水をご提案し、採用いただきました。改修の機会に、新しく看板を交換し、集合ポストも新規に取り付け、全体的な一新をさせて頂きました。

▲このページの一番上へ移動

ワンルームリフォーム工事

  • 1540640486347
    室内のクロス張り替えとエアコンの交換を行いました。
  • IMG_20181024_111249
    水廻りは3点ユニットバスを交換しています。
  • 1540640479117
    キッチンや収納の扉にはシートをはり、一新しました。
工期 1週間
規模 ワンルーム
地域 渋谷区
コメント 賃貸用ワンルームのリフォームをご依頼いただきました。
室内を綺麗にするだけでなく、アクセントを入れて、美観を高めています。
また、新規ユニットバスになったことで、全体の雰囲気も上がりました。

▲このページの一番上へ移動

某児童館 外階段防水工事

  • DSCN7509
    施工前 既存はウレタン塗膜防水が施工してありましたが、踏面の摩耗で表面が削れていました。
  • DSCN8567
    施工中 表面の下地処理を行い、高耐久で防水性の高い超速硬化型スプレー防水で施工をしました。
  • DSCN8590
    施工後 超速硬化型スプレー防水工事後
  • IMG_20190212_095459
    施工後 小さな子供たちが利用する施設のため、防水後に防滑性のあるシートを踏面に施工しました。
工期 約2週間(雨天時は休工、乾燥養生期間あり)
規模 22段の外階段
地域 板橋区
コメント 子供たちが多く利用する施設では施設内での転倒事故なども怖いため、
防水工事だけでなく、滑り止め対策として、踏面に防滑シートを張る方法をご提案しました。
防水を施した理由として、階段下の物入れスペースに白華現象が見られたことや、踏面表面の摩耗具合が強いこと、
また、シート材を貼った際に、階段下地から上がってくる水分による浮きリスクを踏まえたためです。

利用者が多いため、通常のウレタン塗膜防水では施工日数と養生期間を設けなければいけないので、
速乾性があり、歩行強度が高い超速硬化型スプレー防水で施工しました。
(このため、実際に防水施工に費やした時間は半日ほどとなりました。※前日にプライマー処理は必須です。)

利用者様へなるべく制限をかけない方法での施工も、工事会社として常に考えて置かねばならないことだと感じます。

▲このページの一番上へ移動

某保育園 一部外壁補修・防水工事

  • DSCN7498
    施工前 外壁の塗膜剥離や鉄筋爆裂箇所も確認できました。また、サッシ天端に大きなクラックも入っていました。
  • DSCN7457
    塗膜剥離の様子
  • DSCN8601
    施工後 外壁塗膜はケレン除去をし、砂骨材にて下地調整、塗装を行いました。サッシ天端にはウレタン塗膜防水を施工しています。
  • DSCN8595
    施工後 脆弱部の補修を行うことで、外壁劣化による剥落リスクや漏水の予防が出来たかと思います。
工期 2週間ほど(雨天中止あり)
規模 20㎡弱
地域 板橋区
コメント 経年劣化によって外壁の剥落や漏水が起こる可能性があります。
特に通行人が多く行き交う場所などは、外壁の剥落で怪我をするなどのリスクもあります。
今回補修を行わせていただいたことで、そのリスクを避けられたと思います。

今回は吹付タイル面の施工でしたが、
外壁材がタイルの物件でも剥落事故が増えていますので、定期的な検査・メンテナンスが必要です。

▲このページの一番上へ移動

2 / 41234